クレジットカード現金化を業者を通した場合電話なしですることはできるの?

クレジットカード現金化は、本人名義のクレジットカードにショッピング枠に残金が残っていて、身分証明書があれば誰でも現金化できるような仕組みです。
申し込みから入金まで電話とメールのみで完了しますので、時間がない人にもおすすめなシステムです。
電話は忙しい人にとってとれない場面もあり、億劫だと感じることもあります。
クレジットカード現金化は電話なしではできるのでしょうか。

クレジットカード現金化は電話なしではできない

クレジットカード現金化は急いで現金が欲しい人にとって有効なサービスですが、電話確認が必要です。
現金化には身分証明書の提示が必須ですが、身分証明書の提示のみならメールだけで完了するため、本人以外の人が提示していても証明ができてしまうことになります。
身分証明書の本人が依頼しているかどうかを確認するためには、電話して本人と直接会話しないと確認することができません。
依頼するときに、現金化したい金額のやりとり、振込の時間などの回答もありますので、電話で内容の連絡を受けますが、一緒に本人確認をしているとも言えます。

業者側にとっての確認の意味

業者はカード会社にとっても、利用者にとってもトラブルを起こしたくないため、利用者に連絡を電話で直接して、相手が本当に存在している相手か確認している面もあります。
クレジットカードが本人のものであるという確証とともに、他人名義のカードではないか、不正が行われているカードではないかなどを確認しています。
業者はクレジットカード現金化をする利用者の手数料などを利益としている業者です。
カード会社の規約には換金を目的とした商品の購入を禁止しているため、自分の会社が疑わられるのは避けたいです。
そのため電話をして、本人確認をしているといえます。

利用者にとっても安心を得られる

利用者にとって電話なしで現金化できれば、時間にとらわれることは少なく、時間がなく忙しい人にはあっています。
ただメールだけのやり取りですと相手が本当に存在しているかわかりにくいですし、実際に直接話すことで業者に持つ印象が変わってきます。
丁寧で親切な対応があれば業者側を信頼できるきっかけともなりますし、失敗が少なく安心して現金化できることになります。
電話では直接的なやり取りの部分だけでなく、具体的な見積もりや振込までのスピードも一緒に聞くこともできます。
直接電話で話すことができれば、満足度も得やすいです。

まとめ

業者を通してクレジットカード現金化するとき、基本的には電話確認が必要になります。
電話確認には本人確認の意味も含まれますが、メールで身分証明書の写メを送るだけでは本人以外が送っている可能性があるため、本人だと確認が完全に取れないためです。
業者は利用者側に電話で連絡を取ることで、相手が本当に存在しているか確認して、クレジットカード現金化はカード会社にとって違反行為のためカード会社に対してより疑われないように対処します。
使用者側は電話で連絡が入ることに面倒なこともありますが、業者側の対応が信頼感につながることもありますし、見積もりや振込までのスピードを確認することができたり、良いこともあります。