クレジットカード現金化を効率的におこなうには

クレジットカード現金化をするならば、店舗をもたない現金化業者を利用するのが効率のよいやり方です。
もちろん、業者を使わずに自分で現金化をすることもできますが、効率のよさでは現金化業者には勝てません。
ここではクレジットカード現金化を業者を使ってやる方法と、自分でやる方法を徹底比較します。

クレジットカード現金化業者を使う場合

申し込み手続きは公式サイトの申込みフォームや電話ですることができます。
そのため、どこにいてもどこからでもスマホやパソコンがあれば申し込めるという手軽さです。
さらに24時間受け付けてくれる業者を選べば、時間も気にせずに済みます。
申込みには身分証明書や銀行口座情報などが必要になりますが、難しい手続きではありません。
申込みが完了したら、業者に指定された商品をカード決済で購入します。
業者が指定してくれるので、自分で選ぶ手間が省けます。
業者によって決済確認(商品購入確認)がとれたら、指定した銀行口座へ現金が振り込まれます。
ネット銀行を指定すれば時間や曜日に関係なく、コンビニエンスストアなどで現金を引き出すことも可能です。
業者を使う場合の換金率は80%が相場ですが、お得なキャンペーンなどが適用されれば、もっとお得に現金化をすることができます。
クレジットカードの現金化においてはカード会社に疑われないかどうかが懸念事項ですが、実績豊富な優良業者を選ぶことで最大限リスクを軽減することができます。

自分で現金化をする場合

自分で現金化をおこなう場合、品物を買取ショップに持ち込む必要があります。
また買取ショップが近隣にない場合は探さなければなりませんし、出向く時間もかかります。
そしてクレジットカードで購入する商品(買い取ってもらう品物)は自分で選ばなければなりません。
商品選びによっては高く買い取ってもらえないこともありますので、難しい作業になります。
できるだけお得に現金化をするためには複数の買取ショップで査定をしてもらう必要がありますが、何軒も買取ショップを廻るのは骨が折れる作業になります。
査定額に納得すれば取引は成立で、その場で現金を渡してもらえます。
これが唯一自分でやることのメリットかもしれません。
業者を使う場合は銀行振込が基本のため、その場で現金を手にすることができないからです。
買取額に関しては、どの買取ショップで買い取ってもらうか、どんな品物かによっても大きく変わります。
また換金性の高い高額な商品を繰り返し購入していると、カード会社に現金化を疑われてしまう可能性もあります。

クレジットカード現金化業者を使う方が効率的

全国どこからでもいつでも申込みができるクレジットカード現金化 大手は、自分で現金化をするよりもずっと効率的です。
自分でするならば購入する商品を選んだり、買取ショップに持ち込んだりする手間がかかります。
唯一、自分でする方法のメリットをあげるならば、その場で現金を渡してもらえる点です。
しかし現金化業者を使うやり方でも、ネット銀行の口座を選べば時間を気にせず引き出すことも可能です。
またカード会社に疑われるリスクも、業者を使った方が安全性が高いといえます。