クレジットカード現金化優良店とは程遠い悪質店の手口とは

クレジットカード現金化をする時には誰もが高い換金率、早い振込を期待するものです。
そのためか、安易な気持ちで業者を選んでしまうというケースも多く見られます。
結果、取り返しのつかないような詐欺の被害にあったという人も多く存在します。
ここでは、現金化の悪質店の手口について見ていきます。

存在しないはずの手数料を取られた

これまで実際に現金化を利用したことがある人ならば分かるかもしれませんが、業者によっては手数料が取られることがあります。
この手数料というのは多くの場合振込手数料のことを指しますが、中には無料だというところもあります。
実はこの手数料、優良店であれば事前に公式ホームページなどで確認できるようになっているのです。
ところが反対に、悪質だとされる業者は手数料の存在を明記していないケースが多く仮に明記していても気が付かないような小さな文字で隅に書かれているということがあります。
後者であれば利用者の落ち度と見なされるかもしれませんが、前者の場合は明らかに悪質だと言えます。
これを避けるための方法としては、事前に業者に問い合わせて確認することが挙げられます。

実際の換金率が低かった

この手口もかなり多く見られます。
換金率は業者のホームページで確認することができ、例えば10万円から20万円では90%、というような表記が一般的です。
基本的にはそこに記載されている換金率を基準に利用する業者を決める人も多く、誰もがその通りの換金率だと思い込んでしまうのです。
しかし、実際に振り込まれた額を見てみるとその換金率と比べ物にならない程低いケースが存在するのです。
納得がいかずに連絡をしてみると、上記の手数料とも繋がるのですが記載されていない手数料が差し引かれていたりあるいは審査料が差し引かれたため、と回答する業者も少なくありません。
期待よりも低い換金率だとどうしてもショックを受けてしまいますので、口コミなどを参考にしてから利用することをおすすめします。

個人情報を悪用された

この手口はこれまで見てきた中でも最悪のものだと言えるでしょう。
個人情報を悪用されてしまえば、身に覚えのない請求が届いたり人生を狂わされる危険性があるからです。
悪質な店舗がすべて個人情報を盗み出すわけではないでしょうが、よく調べないで業者を利用してしまうとこういった手口に遭いやすいことも否定できません。
個人情報の悪用で多いとされているのが、不審なダイレクトメールや闇金からの連絡です。
自分のあずかり知らぬところで悪用されており、泣き寝入りする人も少なくありません。
これを避けるためには、やはり事前に業者の情報を取得しておく必要があります。
面倒だと思わずに、会社概要などで本当に安心して利用できるのかどうか判断することが大切です。

まとめ

現金化の際に遭遇する可能性のある悪質な手口は、これら以外にも存在します。
悪質な業者はあの手この手で利用者を引きずりこもうとしてくるので、しっかりとした防衛策が求められます。
最初でも説明しましたが、安易な気持ちで業者を選んでしまえばこういった手口に遭遇する可能性も高くなるでしょうし、後になって確認しておくべきだった、と悔やんでも悔やみきれません。
面倒かもしれませんが、時間をかけてリスクマネジメントをするようにしましょう。